トラック女子|女性がトラックドライバーになるには?条件や待遇は?

女性トラックドライバー


この記事では、女性がトラックドライバーになるための条件や待遇について解説します。

女性がトラックドライバーになるためには、まず大型免許を取得する必要があります。大型免許は、21歳以上で、普通自動車運転免許を取得してから3年以上経過していることが条件です。

大型免許を取得すれば、未経験でもトラックドライバーとして採用される可能性があります。運送業界では、未経験者向けの研修や、講習を実施している会社も多く、安心して仕事を始められるでしょう。

トラックドライバーの待遇は、運送会社や勤務形態によって異なります。一般的には、固定給と歩合給の組み合わせで給与が支払われます。また、福利厚生として、資格手当や研修費、退職金制度などがある場合もあります。

近年、女性の社会進出が進むなか、トラックドライバーの職場でも女性の活躍が目立ってきています。女性ならではのきめ細かな配慮や、丁寧な仕事ぶりが評価され、男性ドライバーから信頼を得ています。

この記事では、女性がトラックドライバーになるための条件や待遇について、詳しく解説していきます。トラックドライバーに興味がある女性は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

トラック女子

女性がトラックドライバーになるには?

女性がトラックドライバーになるためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  1. 大型免許の取得
  2. 運送会社への就職

大型免許の取得

トラックドライバーになるためには、大型免許が必要です。大型免許は、21歳以上で、普通自動車運転免許を取得してから3年以上経過していることが条件です。大型免許の取得には、教習所に通って約3か月かかります。

大型免許の取得は、費用や時間がかかりますが、取得すれば、未経験でもトラックドライバーとして採用される可能性が高くなります。

運送会社への就職

大型免許を取得したら、運送会社に就職します。運送会社では、未経験者向けの研修や、講習を実施している会社も多く、安心して仕事を始められるでしょう。

運送会社への就職の際には、履歴書や職務経歴書を作成して、応募する会社に提出します。また、面接や筆記試験を受ける必要があります。

近年、女性の社会進出が進むなか、トラックドライバーの職場でも女性の活躍が目立ってきています。女性ならではのきめ細かな配慮や、丁寧な仕事ぶりが評価され、男性ドライバーから信頼を得ています。

女性がトラックドライバーを目指す際には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 体力や体力的な負担を想定する

トラックドライバーは、長距離運転や重量物の積み下ろしなど、体力や体力的な負担がかかる仕事です。そのため、体力や体力的な負担を想定して、仕事に取り組む必要があります。

  • 女性ならではの強みを活かす

女性は、男性にはないきめ細かな配慮や、丁寧な仕事ぶりが評価される傾向があります。そのため、女性ならではの強みを活かして、仕事に取り組むことで、活躍のチャンスを広げることができます。

トラックドライバーは、やりがいのある仕事です。女性の活躍が期待される業界ですので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

女性のトラックドライバーの待遇

女性のトラックドライバーの待遇は、運送会社や勤務形態によって異なります。

給与

トラックドライバーの給与は、固定給と歩合給の組み合わせで支払われるのが一般的です。固定給は、月額で支払われる基本給です。歩合給は、運送量や運送距離に応じて支払われる給与です。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、運輸業・郵便業における女性の平均月給は、令和4年時点で約24万円となっています。

女性トラックドライバーの給与は、男性トラックドライバーと比べて、年収で約100万円、月収で約8万円程度低いという調査結果もあります。

しかし、近年では、女性トラックドライバーの活躍が目立つようになってきたことから、待遇改善の動きも出てきています。

福利厚生

トラックドライバーの福利厚生として、資格手当や研修費、退職金制度などがある場合もあります。

資格手当は、大型免許や、フォークリフトなどの資格を取得した際に支給される手当です。研修費は、運転技術や安全運転に関する研修を受けた際に支給される手当です。退職金制度は、退職時に支給される退職金制度です。

女性トラックドライバーの福利厚生は、男性トラックドライバーと比べて、充実している傾向があります。

例えば、育児休業制度や、育児・介護休暇制度など、女性のライフスタイルに合わせた福利厚生を導入している運送会社も増えています。

女性のトラックドライバーの活躍が期待される中、今後は、さらに待遇改善の動きが進んでいくと考えられます。

女性トラックドライバーの活躍

近年、女性の社会進出が進むなか、トラックドライバーの職場でも女性の活躍が目立ってきています。

国土交通省の調査によると、トラックドライバーの女性の割合は、令和4年時点で約3.6%となっています。これは、前年度より0.2%増加しており、女性トラックドライバーの増加が進んでいます。

女性トラックドライバーの活躍が目立つ理由としては、以下の点が挙げられます。

  • 女性の社会進出の拡大

女性の社会進出が進むなか、トラックドライバーという仕事にも女性の視点や考え方が求められるようになってきました。

  • 女性ならではの強みの活かしやすさ

女性は、男性にはないきめ細かな配慮や、丁寧な仕事ぶりが評価される傾向があります。そのため、トラックドライバーとして、女性ならではの強みを活かして活躍できる場が増えています。

  • 運送会社の女性ドライバーの受け入れ体制の整備

近年、運送会社では、女性ドライバーの受け入れ体制を整備する動きが進んでいます。例えば、女性専用の更衣室や、女性ドライバー向けの研修制度を設けている会社も増えています。

女性トラックドライバーの活躍は、社会全体の物流の活性化に貢献しています。また、女性の社会進出や、女性の働き方の多様化にもつながっています。

今後も、女性トラックドライバーの活躍がさらに進むことが期待されています。

よくある質問

女性ドライバーの給料はいくらですか?

女性のドライバーの給料は、職種や経験によって異なりますが、以下の情報が参考になります。

  • ルート配送ドライバー: 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、運送業界で働く女性のお給料の平均は、平成30年時点で約25万円とされています。
  • 一般トラックのドライバー: 2022年の一般トラックの男性ドライバーの平均月収は約34万円、女性ドライバーの平均月収は28万円とされています。

これらの情報から、女性のドライバーの給料は、職種や労働条件によって異なることが分かります。

女性トラックドライバーの年収は?

女性のトラックドライバーの年収は、業界の平均年収として約350万円程度とされています。

一般的に、男性のトラックドライバーの平均年収は約454万円であり、女性の平均年収は業界平均よりも約100万円程度低い傾向にあります。

ただし、年収は勤続年数やポジションによっても異なるため、個々の状況によって異なることがあります。また、トラック運送業界全体の平均年収は約487万円であり、男性と比較すると若干低い傾向にありますが、大きな差はないとされています。

女性のトラックドライバーの給与は、固定給と歩合給の組み合わせが一般的であり、福利厚生がしっかりしている会社では資格手当や研修費も支給されることがあります。

女性トラックドライバーの年収を増やすには?

女性トラックドライバーの年収を増やすためには、以下の点が考慮されます。

資格取得とスキルアップ: 大型トラックの運転免許を取得し、さらに特殊な輸送物資の運搬や安全運転のスキルを磨くことで、高収入を得ることができます。

働きやすい環境の整備: 女性トラックドライバーが働きやすい環境を整えることで、長期間働くことができるため、収入を増やすことができます。

労働条件の改善: 女性トラックドライバーの労働条件を改善し、働きやすい環境を整えることで、長期間働くことができるため、収入を増やすことができます。

これらの取り組みにより、女性トラックドライバーの年収を増やすことが期待されています。

トラックドライバーに占める女性の割合は?

トラックドライバーに占める女性の割合は、厚生労働省によると2020年の全トラックドライバーに占める女性の割合は2.3%であり、全産業の女性就業者の割合が約45%であることを考慮すると、トラックドライバーにおける女性の割合は比較的低いと言えます。

道路貨物運送業に従事する女性の割合は20%であり、トラックドライバーの中でも女性の割合は少ないとされています。

ただし、トラックドライバー不足の問題もあり、女性トラックドライバーの活躍が期待されています。

記事のまとめ:女性がトラックドライバーになるには?条件や待遇は?

女性がトラックドライバーになるためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 大型免許の取得
  • 運送会社への就職

大型免許は、21歳以上で、普通自動車運転免許を取得してから3年以上経過していることが条件です。大型免許の取得には、教習所に通って約3か月かかります。

運送会社への就職の際には、履歴書や職務経歴書を作成して、応募する会社に提出します。また、面接や筆記試験を受ける必要があります。

女性のトラックドライバーの待遇は、運送会社や勤務形態によって異なります。

給与は、固定給と歩合給の組み合わせで支払われるのが一般的です。厚生労働省の調査によると、女性トラックドライバーの給与は、男性トラックドライバーと比べて、年収で約100万円、月収で約8万円程度低いという調査結果もあります。

しかし、近年では、女性トラックドライバーの活躍が目立つようになってきたことから、待遇改善の動きも出てきています。

福利厚生は、女性トラックドライバーのライフスタイルに合わせた制度が充実している傾向があります。

近年、女性の社会進出が進むなか、トラックドライバーの職場でも女性の活躍が目立ってきています。

女性トラックドライバーの活躍は、社会全体の物流の活性化に貢献しています。また、女性の社会進出や、女性の働き方の多様化にもつながっています。

今後も、女性のトラックドライバーの活躍がさらに進むことが期待されています。


【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

教習指導員13年目
某田舎の教習所で、日々試行錯誤しながらお仕事しています
普通・準中型・中型・大型・普二・大二の指導員/検定員資格保有

目次