女性がタクシードライバーになるには?条件や給与や待遇は?

女性タクシードライバー


この記事では、女性がタクシードライバーになるための条件や給与、待遇について詳しく解説します。

タクシードライバーは、未経験から始められる職業として人気を集めています。特に、女性のドライバーはまだまだ少なく、希少価値が高くなっています。そのため、女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして、高収入を得ることも可能です。

本記事では、女性がタクシードライバーになるための条件や、給与や待遇など、気になる情報を網羅的にご紹介します。女性タクシードライバーを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

女性がタクシードライバーになるには?

女性タクシードライバーになるための条件

女性タクシードライバーになるための条件は、以下のとおりです。

  • 普通自動車免許を取得していること
  • 普通自動車第二種免許を取得していること
  • 21歳以上であること
  • 学歴や職歴は問われない

普通自動車免許は、ほとんどのタクシー会社でAT限定免許でも応募可能です。普通自動車第二種免許は、タクシーなどの営業運転を行うために必要な免許です。年齢は、21歳以上であれば誰でも取得できます。学歴や職歴は問われないため、未経験からでも始めることができます。

また、一部の地域では、地理試験の合格が求められる場合があります。地理試験とは、都心部の主要な施設などの地理的な知識を確認するための試験です。

タクシー会社によっては、普通自動車第二種免許の取得費用や地理試験の受験料を会社が負担してくれるところもあります。

女性タクシードライバーになるための流れは、以下のとおりです。

  • 普通自動車免許と普通自動車第二種免許を取得する
  • タクシー会社に応募する
  • 採用試験に合格する
  • 入社後に研修を受ける
  • タクシードライバーとしてデビューする

普通自動車免許と普通自動車第二種免許を取得したら、タクシー会社に応募します。採用試験に合格したら、入社後に研修を受けます。研修では、タクシーの運転方法や接客マナーなどを学びます。研修を修了したら、タクシードライバーとしてデビューできます。

女性タクシードライバーは、まだ多くありませんが、希少価値が高く、ニーズが高まっています。女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして、活躍できるフィールドが広がっています。

女性タクシードライバーの平均給与や年収

女性タクシードライバーの平均給与は、月収22万円、年収270万円程度です。

タクシードライバーの給与は、乗務時間や売上によって変動します。そのため、勤務地や会社によっても給与は異なります。

また、女性タクシードライバーは、まだ多くないため、希少価値が高く、高収入を得ることも可能です。

具体的には、都心部で働く女性タクシードライバーは、月収30万円以上、年収360万円以上を得ることも珍しくありません。

一方、地方で働く女性タクシードライバーは、月収20万円前後、年収240万円前後になるケースが多いようです。

女性タクシードライバーの給与は、今後も高騰していくことが予想されます。そのため、女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして、タクシードライバーとして活躍するチャンスは広がっています。

女性タクシードライバーの待遇

女性タクシードライバーの待遇は、会社によって異なります。

一般的には、以下のような待遇が用意されています。

  • 基本給、歩合給、各種手当など
  • 社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
  • 退職金制度
  • 制服貸与
  • 研修制度
  • 資格取得支援制度

基本給は、月額15万円~20万円程度が相場です。歩合給は、乗務時間や売上によって変動します。各種手当としては、残業手当、夜勤手当、交通費などが支給される場合があります。

社会保険は、会社負担で加入できます。退職金制度は、会社によって異なりますが、勤続年数や給与に応じて支給されます。制服は、会社から貸与されます。研修制度や資格取得支援制度を利用することで、スキルアップやキャリアアップを目指すことができます。

また、女性タクシードライバーを積極的に採用している会社では、女性ドライバー向けの福利厚生を充実させているところもあります。例えば、女性専用の更衣室や休憩室の設置、産休・育休制度の充実などです。

女性タクシードライバーとして働く際には、待遇面もしっかりと確認しておきましょう。

女性タクシードライバーのメリット・デメリット

女性タクシードライバーのメリット

  • 女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして活躍できる
  • 未経験からでも始められる
  • 高収入を得ることも可能
  • 育休制度が充実している会社もある

女性タクシードライバーのデメリット

  • 利用客とのトラブルに巻き込まれる可能性がある
  • 不規則な生活になる可能性がある
  • 体力的な負担が大きい

メリット1:女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして活躍できる

女性タクシードライバーは、まだ多くないため、希少価値が高く、ニーズが高まっています。そのため、女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして、活躍できるフィールドが広がっています。

例えば、子連れの利用客や女性の利用客など、女性ドライバーに安心感や信頼感を抱く利用客は少なくありません。また、男性ドライバーには話しにくい内容でも、女性ドライバーには気軽に話しかけてくれる利用客もいます。

メリット2:未経験からでも始められる

タクシードライバーは、未経験から始められる職業として人気を集めています。そのため、普通自動車免許と普通自動車第二種免許を取得していれば、誰でもチャレンジすることができます。

タクシー会社によっては、普通自動車第二種免許の取得費用や地理試験の受験料を会社が負担してくれるところもあります。

メリット3:高収入を得ることも可能

タクシードライバーの給与は、乗務時間や売上によって変動します。そのため、勤務地や会社によっても給与は異なります。

また、女性タクシードライバーは、まだ多くないため、希少価値が高く、高収入を得ることも可能です。

具体的には、都心部で働く女性タクシードライバーは、月収30万円以上、年収360万円以上を得ることも珍しくありません。

メリット4:育休制度が充実している会社もある

女性タクシードライバーを積極的に採用している会社では、女性ドライバー向けの福利厚生を充実させているところもあります。例えば、女性専用の更衣室や休憩室の設置、産休・育休制度の充実などです。

デメリット1:利用客とのトラブルに巻き込まれる可能性がある

タクシーは、車という密閉空間で利用客と長時間過ごすことになります。そのため、利用客とのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

例えば、酔っ払った利用客からセクハラや暴言などの被害に遭う可能性があります。また、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

デメリット2:不規則な生活になる可能性がある

タクシードライバーは、早朝や深夜など、不規則な時間帯に働く必要があります。そのため、生活リズムが乱れたり、体調を崩したりする可能性があります。

また、家族や友人と過ごす時間が少なくなってしまう可能性もあります。

デメリット3:体力的な負担が大きい

タクシードライバーは、長時間運転を続ける必要があるため、体力的な負担が大きいです。また、荷物を運んだり、車の整備や清掃を行ったりすることもあります。

そのため、体力に自信がない方には、タクシードライバーは向いていないかもしれません。

女性タクシードライバーとして働く際には、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自分に合っているかどうかを判断することが大切です。

記事のまとめ:女性がタクシードライバーになるには?条件や給与や待遇は?

女性がタクシードライバーになるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 普通自動車免許を取得していること
  • 普通自動車第二種免許を取得していること
  • 21歳以上であること
  • 学歴や職歴は問われない

また、一部の地域では、地理試験の合格が求められる場合があります。

女性タクシードライバーの平均給与は、月収22万円、年収270万円程度です。

タクシードライバーの給与は、乗務時間や売上によって変動するため、勤務地や会社によっても給与は異なります。

また、女性タクシードライバーは、まだ多くないため、希少価値が高く、高収入を得ることも可能です。

具体的には、都心部で働く女性タクシードライバーは、月収30万円以上、年収360万円以上を得ることも珍しくありません。

一方、地方で働く女性タクシードライバーは、月収20万円前後、年収240万円前後になるケースが多いようです。

女性タクシードライバーの待遇は、会社によって異なります。

一般的には、以下のような待遇が用意されています。

  • 基本給、歩合給、各種手当など
  • 社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
  • 退職金制度
  • 制服貸与
  • 研修制度
  • 資格取得支援制度

女性タクシードライバーを積極的に採用している会社では、女性ドライバー向けの福利厚生を充実させているところもあります。

女性タクシードライバーとして働く際には、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自分に合っているかどうかを判断することが大切です。

メリット

  • 女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして活躍できる
  • 未経験からでも始められる
  • 高収入を得ることも可能
  • 育休制度が充実している会社もある

デメリット

  • 利用客とのトラブルに巻き込まれる可能性がある
  • 不規則な生活になる可能性がある
  • 体力的な負担が大きい

女性タクシードライバーは、まだまだ少ない職業ですが、希少価値が高く、ニーズが高まっています。女性ならではの接客スキルやコミュニケーション能力を活かして、やりがいのある仕事に就きたいという方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

教習指導員13年目
某田舎の教習所で、日々試行錯誤しながらお仕事しています
普通・準中型・中型・大型・普二・大二の指導員/検定員資格保有

目次