女性の配送ドライバーになるには?条件や待遇は?給料はいくら?

配送ドライバー


この記事では、女性の配送ドライバーになるための条件や待遇、給料について解説します。

女性の配送ドライバーの需要は年々高まっています。その理由としては、宅配サービスの利用者の増加や、女性の社会進出の進展などが挙げられます。

女性の配送ドライバーになるには、運転免許(普通自動車免許以上)と、配送会社が定める応募条件を満たす必要があります。応募条件は会社によって異なりますが、一般的には20歳以上で、体力や健康に問題がないことが求められます。

待遇面では、給与や福利厚生が充実している会社も多くあります。給与は、経験やスキルに応じて変動しますが、一般的な企業に勤める正社員の給与と同等かそれ以上の場合もあります。福利厚生としては、社会保険や退職金制度、住宅手当、家族手当などが挙げられます。

この記事では、女性の配送ドライバーになるための具体的な方法や、条件や待遇、給料について詳しく解説します。女性の配送ドライバーに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

目次

女性の配送ドライバーになるには?

女性の配送ドライバー

女性の配送ドライバーになるための条件

女性の配送ドライバーになるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 運転免許(普通自動車免許以上)
  • 配送会社が定める応募条件

運転免許は、普通自動車免許以上が必要です。配送会社によっては、中型自動車免許や大型自動車免許を取得していることを条件としている場合もあります。

配送会社が定める応募条件は、会社によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 年齢:20歳以上
  • 体力や健康:問題がない
  • 資格:フォークリフト免許やクレーン免許など(あれば有利)
  • 経験:未経験者歓迎

体力や健康については、荷物の積み下ろしや長時間の運転など、体力を必要とする仕事があることから、問題がないことが求められます。

資格については、フォークリフト免許やクレーン免許などがあると、積み下ろし作業や荷物の運搬など、さまざまな業務に携わることができます。

経験については、未経験者歓迎の会社も多くありますが、ある程度の運転経験があると、採用されやすくなります。

また、配送会社によっては、女性を積極的に採用しているところもあります。そのような会社では、女性向けの福利厚生や制度が充実している場合もありますので、探してみるとよいでしょう。

女性が配送ドライバーになるために必要なスキルは何ですか?

女性が配送ドライバーになるために必要なスキルには、以下のようなものが挙げられます。

  • 運転スキル: 大型トラックや大型トレーラーを運転する場合、高度な運転スキルが必要です。
  • コミュニケーション能力: 配送ドライバーにもコミュニケーション能力が求められます。
  • 特殊免許: 業務内容によっては大型自動車免許やフォークリフト免許などの特殊免許が必要となる場合があります。

したがって、配送ドライバーになるためには運転スキルの習得とともに、コミュニケーション能力の向上や必要な特殊免許の取得が重要です。

女性が配送ドライバーになるために必要な体力はどの程度ですか?

女性が配送ドライバーになるために必要な体力は、ルート配送の場合はさほど高くないとされています。

大型トラックの場合は運転スキルが特に重要であり、体力的な負担は比較的少ないとされています。

したがって、女性が配送ドライバーになる際には、特別な体力が必要とされるわけではないと言えます。

女性の配送ドライバーの待遇

女性の配送ドライバーの待遇は、会社によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • 給与:経験やスキルに応じて変動しますが、一般的な企業に勤める正社員の給与と同等かそれ以上の場合もあります。
  • 福利厚生:社会保険や退職金制度、住宅手当、家族手当など
  • 勤務時間:配送会社や配送エリアによって異なりますが、一般的には9時~18時などの日勤や、20時~翌6時などの夜勤があります。
  • 休日:配送会社や配送エリアによって異なりますが、一般的には週休2日制や3日制です。

給与

給与については、歩合制や出来高制を採用している会社が多く、配達件数や配達時間に応じて給与が決まります。また、資格や経験を積むことで、給与アップが期待できます。

福利厚生

福利厚生については、社会保険や退職金制度、住宅手当、家族手当など、一般的な企業に勤める正社員と同等の制度が整っている会社も多くあります。また、女性向けの福利厚生や制度を充実させている会社もありますので、探してみるとよいでしょう。

勤務時間

勤務時間については、配送会社や配送エリアによって異なりますが、一般的には9時~18時などの日勤や、20時~翌6時などの夜勤があります。

日勤の場合は、一般的な企業と同様に、平日は仕事、休日は休みという生活スタイルを送ることができます。
夜勤の場合は、昼間に家事や育児などの時間を確保することができます。

休日

休日については、配送会社や配送エリアによって異なりますが、一般的には週休2日制や3日制です。また、連休や有給休暇などの休暇制度も整っている会社も多くあります。

このように、女性の配送ドライバーの待遇は、一般的な企業に勤める正社員と遜色ないレベルである場合も多く、女性でも安心して働くことができます。

女性が配送ドライバーになるために必要な労働時間はどの程度ですか?

女性が配送ドライバーとして働く際の労働時間は、業務内容や雇用形態によって異なります。一般的には、ルート配送の場合は比較的定時での勤務が可能であり、シフト制の企業も多いため、家事や育児と両立しやすい環境が整っています。

また、トラック運転手の仕事の多くは長距離の運転であり、一日中車に乗っていることもありますが、結婚・子育て世代には短時間労働や日中のみ働けるかなど、多様な働き方が可能な場合もあります。

したがって、女性が配送ドライバーとして働く際の労働時間は、個々の希望や条件に合わせて柔軟に調整できるケースが多いと言えます。

女性が配送ドライバーになるために必要な労働時間は、職種によって異なりますか?

女性が配送ドライバーとして働く際の労働時間は、業務内容や雇用形態によって異なります。一般的には、配送ドライバーの勤務時間や配送エリアやルートは会社によって異なるため、求人情報で確認することが重要です。

配送ドライバーの勤務時間は、一般的には1日平均の労働時間が12時間程度となることが多いようですが、企業や職場によって勤務体系が異なるため、シフト制の場合もあります。

具体的な勤務体系や仕事内容は、求人情報などで確認することが重要です。また、配送業界にはルート配送や引越し、セールスドライバーなど様々な職種があり、それぞれの職種によっても勤務時間や労働条件が異なるため、個々の希望や条件に合わせて柔軟に調整できるケースが多いと言えます。

女性の配送ドライバーの給料

女性の配送ドライバーの給料は、経験やスキル、配送会社や配送エリアによって異なりますが、一般的には月給25万円~45万円程度です。

歩合制や出来高制を採用している会社では、配達件数や配達時間に応じて給与が決まるため、経験やスキルを積むことで、給与アップが期待できます。また、資格を取得することでも、給与アップにつながる場合があります。

配送会社によっては、女性を積極的に採用しているところもあります。そのような会社では、女性向けの給与制度や福利厚生が充実している場合もありますので、探してみるとよいでしょう。

以下に、女性の配送ドライバーの給料の例をいくつか挙げます。

  • 未経験者:月給25万円~35万円程度
  • 2年以上の経験者:月給35万円~45万円程度
  • 資格取得者:月給40万円~50万円程度

また、夜勤や深夜勤務をする場合、手当がつく場合もあります。

このように、女性の配送ドライバーの給料は、一般的な企業に勤める正社員と同等かそれ以上の場合も多く、女性でも安心して働くことができます。

女性の配送ドライバーになるためのおすすめの会社

女性の配送ドライバーになるためのおすすめの会社は、以下のようなものが挙げられます。

  • 女性を積極的に採用している会社
  • 女性向けの福利厚生や制度が充実している会社
  • 給与や待遇が充実している会社

女性を積極的に採用している会社では、女性の配送ドライバーの割合が高く、女性が働きやすい環境が整っていることが多いです。また、女性向けの福利厚生や制度が充実している会社では、女性が働きやすいように配慮されていることが多いです。給与や待遇が充実している会社では、安心して働くことができます。

具体的な会社としては、以下のような会社が挙げられます。

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本通運
  • セブン-イレブン・ジャパン
  • Amazon

これらの会社は、女性の配送ドライバーを積極的に採用しており、女性向けの福利厚生や制度も充実しています。また、給与や待遇も高水準です。

また、近年では、女性に特化した配送会社も増えています。これらの会社では、女性の配送ドライバーの割合が高く、女性が働きやすい環境が整っていることが多いです。

具体的な会社としては、以下のような会社が挙げられます。

  • なでしこTOKYO
  • 女性ドライバーズ
  • 女性ドライバーの集団

これらの会社は、女性の配送ドライバーに特化したサービスを提供しており、女性が働きやすい環境を整えています。

女性の配送ドライバーになるためには、運転免許(普通自動車免許以上)を取得し、配送会社が定める応募条件を満たすことが大切です。また、女性を積極的に採用している会社や、女性向けの福利厚生や制度が充実している会社を探してみるとよいでしょう。

ルート配送ドライバーの募集情報を探すにはどうすればいいですか?

ルート配送ドライバーの募集情報を探すには、以下の方法が役立ちます。

  • オンライン転職サイトの利用: 転職サイトでは、ルート配送ドライバーの求人情報を簡単に検索できます。例えば、Indeedやジョブハウスなどのサイトで検索すると、多くの求人情報が掲載されています。
  • 会社の公式サイトの確認: 配送会社の公式サイトを訪れると、最新の求人情報や募集要項を確認できます。多くの会社が自社のウェブサイトで求人情報を公開しています。
  • 求人情報の更新: 求人情報は常に変動するため、最新の情報を得るためには公式サイトなどで確認することが重要です。

これらの方法を組み合わせて、ルート配送ドライバーの募集情報を効果的に見つけることができます。

ルート配送ドライバーの求人情報を探すにはどのような転職サイトがおすすめですか?

ルート配送ドライバーの求人情報を探す際には、以下の転職サイトがおすすめです。

  • ジョブハウスドライバー:ルート配送ドライバー向けの求人情報を掲載しており、登録料や使用料は無料です。配送業界に特化した情報や履歴書の書き方、面接の対策などのサポートも提供しています。
  • JOBPAL:女性向けの働きやすい職場に焦点を当てた転職サイトで、ルート配送ドライバーの求人情報を提供しています。
  • Indeed:多くのルート配送ドライバーの求人情報をまとめて検索できるサイトです。16089件の求人情報が掲載されています。

これらのサイトを活用することで、効果的にルート配送ドライバーの求人情報を見つけることができます。

記事のまとめ:女性の配送ドライバーになるには?条件や待遇は?給料はいくら?

女性の配送ドライバーの需要は年々高まっており、女性でも安心して働ける環境が整ってきています。

女性の配送ドライバーになるためには、運転免許(普通自動車免許以上)と、配送会社が定める応募条件を満たす必要があります。応募条件は会社によって異なりますが、一般的には20歳以上で、体力や健康に問題がないことが求められます。

待遇面では、給与や福利厚生が充実している会社も多くあります。給与は、経験やスキルに応じて変動しますが、一般的な企業に勤める正社員の給与と同等かそれ以上の場合もあります。福利厚生としては、社会保険や退職金制度、住宅手当、家族手当などが挙げられます。

給料は、経験やスキル、配送会社や配送エリアによって異なりますが、一般的には月給25万円~45万円程度です。歩合制や出来高制を採用している会社では、配達件数や配達時間に応じて給与が決まるため、経験やスキルを積むことで、給与アップが期待できます。また、資格を取得することでも、給与アップにつながる場合があります。

女性の配送ドライバーになるためのおすすめの会社は、女性を積極的に採用している会社や、女性向けの福利厚生や制度が充実している会社です。

女性が配送ドライバーを目指す場合、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 体力や健康に自信があること
  • 運転が好きなこと
  • 人と接することが好きなこと

また、配送会社によっては、女性向けの研修や教育制度を用意しているところもありますので、探してみるとよいでしょう。

女性の配送ドライバーは、やりがいのある仕事です。ぜひ、女性の配送ドライバーとして活躍してみてはいかがでしょうか。


【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

教習指導員13年目
某田舎の教習所で、日々試行錯誤しながらお仕事しています
普通・準中型・中型・大型・普二・大二の指導員/検定員資格保有

目次